◆導体にα-OCCの高密度導体を採用。

◆伝送特性に影響をもたらす絶縁材には振動と外部からのノイズを遮断するとともに柔軟性を合わせ持ったカーボンパウダー混入の高機能PVCを採用。

◆プラグはステンレス合金からの削り出しに制振素材のカーボンファイバー仕上げを施し、抜群の制振効果を発揮します。

◆プラグはアンプサイドがYラグ、スピーカーサイドがバナナプラグの仕様でそれぞれのコンタクト部は高密度導電素材の高純度銅を採用。
 ケーブル接続部はコンタクト部と直結したブロックに直接ネジ止め結線をする構造で信号のロスや歪を徹底的に低減します。
 さらに硬度の高い非磁性ロジウムメッキを施し経年変化による劣化を防ぎ安定性を保ちます。

◆スピーカーサイドのバナナプラグには制振制複合樹脂のダンピングリングを採用するとともにコンタクト部のロック構造と合わせて振動の影響を受けない確実な接続を可能にします。

◆ケーブルとプラグ接続のためのクランプ部も剛性のある非磁性ステンレス合金を採用、ケーブル分岐部にスタビライザーを搭載することで強度と制振効果を向上させています。

◆ケーブルおよびプラグに対してα-Process処理(超低温処理&特殊電磁界処理)を施すことでさらに導電性を高めました。

ページトップへ戻る